外資企業での事務の派遣での仕事のイメージと現実の違いや、それに関する考察を書いていきました。

派遣社員として働く事。

Hot Ranking
派遣社員として働く事。

外資企業での事務の派遣

外資企業にはどういったイメージがあるでしょうか。実力主義で、年齢に関係なく、成績がよかった人がどんどん上にいき、その逆もまた然りというような厳しい世界であると思います。また、外資では外国人の社員も多くいるので、英語が使えることが必須といったようなイメージもあるかもしれませんね。確かに、そのようなイメージは間違っていることはありませんが、その企業によれば、しっかりと頑張っている過程もみてくれる会社もあります。

また、今回、例に挙げる某外資系の企業での派遣では、英語は不要だそうです。ですので、どのようなイメージもその会社によるといったところが正解なのではないでしょうか。さて、その某外資系企業では、派遣の事務を募集しており、英語は不要ということです。その仕事の内容は、見積書作成、カタログや資料の発送、保守サービスの訪問日程の調整、資料作成、売上入力、また、電話や、来客応対などということです。この企業でのメリットは即日から働ける上に、派遣での雇用である期間働いて、試験選考に通過すれば、直接雇用の可能性もあるということです。ですので、自分の努力とやる気次第、結果次第では、将来直接働ける可能性も多くあるのです。


Copyright(c) 2018 派遣社員として働く事。 All Rights Reserved.